読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

胸の鏡よ 心濁すな

日記のように綴るブログ

さよならCOLORを聴きながら

恥ずかしいぐらいに、赤裸々に書きます。

婚約してたパートナーと、ドラマのような前向きな別れをしました。

元パートナーと、やっとようやく真剣に話ができました。

それは、別れ話。

私とちゃんと向き合って話すことが、9ヶ月にしてやっとできました。

何か真剣に向き合って話してくれなかったから、こうなる日は予感がしてました。

何か本音を話してくれない。向き合ってくれない。

例え籍を入れても、別れる日が来るのではないか。

そんな予感がしてたし、覚悟はしてました。

私と元パートナーは釣り合わない。それは感じてた。

何か私達を繋ぐ糸が少しずつ切れていくような。

別れる日に対面した時、キスを避けたけど、

深い話をしているうちに、やっと本音を言ってくれて、ぶつかりあってくれて嬉しかった。

元パートナーは、ボロボロ泣いていた。

君は本当はやりたいことがあるだろう?

私は、そんなこと、、、と躊躇ったけど、

着物のことになると、キラキラしているじゃないか?

私は弱いから、あなたが必要だよと言ったら、

君は本当は強い。

私は大泣きした。凄く見抜く人だから、余計に。

私は、精神疾患だから、大学四回生の時に、ちゃんと働ける自信が無くて、体調も悪くて、就活は出来なくて、自分を誤魔化して、母親の仕事を継ぐと逃げるように決めました。

私は、バリバリに働ける身体ではない。か弱い人間だ。

なので、母親の言うことを聞いて、自分を誤魔化して、進路を選択した。

着物も隙間産業だから、諦めてた。

今度こそ、自分を誤魔化さず、自分を貫く。元パートナーみたいに。

別れ際、さよならカラーが入ったアルバムをくれました。パートナーは少し泣いてたけど。

憎しみ合わず、後悔もなく、むしろ自信をつけてくれて背中を押してくれた。

自立しようと思います。それが彼の恩返し。

彼も深い孤独を抱えてる。もっと女の人に甘えてもいいんだよ、弱音吐いてもいいんだよ。

明るくて強い太陽みたいな人がいいね、そういう人と付き合えたらいいんじゃない?

そう元パートナーに、伝えました。

お互いの幸せを祈って、泣きながら別れました。

私の三十路の誕生日に、手編みの帽子もくれて、別れ際にさよならカラーもくれて、これをみたら頑張れる。

安野モヨコは、男で空いた穴は男でしか埋められないと言ってたけど、喪失感はないです。

むしろ、付き合った時より繋がってるような。

未練もない。寧ろ清々しい。

今まで憎しみ合う関係で別れたから、お互いを尊重し別れられたのは、嬉しい。

今度会う時は、ちゃんと友達として、尊重して接することができる。

ドラマみたいな、本当に不思議な人。フィクションみたいな人。

彼が号泣して泣いてたから、その涙を無駄にしないように、

私は自立します。

それが、彼への感謝になる行動だから。

お互いに、幸せになれますように。

濃密な9ヶ月ありがとう。

尊敬する彼へ。あなたも幸せになってください。