胸の鏡よ 心濁すな

日記のように綴るブログ

薬が減った。

恋人の力は凄いなと改めて思ったので、日記に綴る。

 

恋人がいるだけで、頑張れる。

恋人がいるだけで、安心する。

恋人のいるだけで、癒される。

恋人がいるだけで、余裕ができる。

恋人がいるだけで、居場所ができた感じがする。帰る場所がある。

 

なので、薬の量が減った。

不安時のリスペリドン、過呼吸時のコンスタンは、今飲んでない。

 

不眠の時のレンドルミンも、次の日早く起きる時だけ。

 

結婚前提でお付き合いをしている。彼も鬱の時があったので、私の病気を理解している。

 

今までの人は、気合いで治せと言う人ばかりだった。

 

しかしいかんせん、心の病や、精神という言葉の使い方は良くない。実際は脳の病気だ。

心や精神の病だから、気合いで治せと言う輩がいるんだな。凄い誤解だ。

将来脳の病気として、世間に認知されるといいな。精神疾患ではなく、脳の疾患と。

 

もう、自分だけの身体じゃないので、健康にも注意する。

 

 

しかし久しぶりに片付けができるぐらい、精神に余裕ができた。

 

恋人の存在に感謝である。

広告を非表示にする