胸の鏡よ 心濁すな

日記のように綴るブログ

一年が経ちます。

明日で一年が経ちます。

 

婚約破棄して丸一年です。

 

この一年、私の精神はグチャグチャでした。

 

元婚約者が、淡路島へ引っ越しして、物理的に離れ、そこから精神も落ち着きました。

 

そして同じ時期に離婚した、フリーランスのメイク講師の人と仲良くなり、メイクのやりたい方向性が似てるので、給料は出ないのですが、メイク講師のアシスタントをすることになりました。

 

そして、他メーカーで内緒ですが、美容部員になろうとおもいます。

 

メイクの資格は取れたのですが、1級が2割弱しか受からない難問で、3級2級でちょっと気が緩んだので、ドギマギしてます。

 

昨日冷静にカフェのオーナーと話しをしました。

 

元婚約者と別れて、カフェがひとみちゃんの居場所みたいになって、居場所を探していたからね、ちょっと冷静になれたのはよかったねと暖かい言葉をくれました。

 

別れた直後は、オーナーは話しを聞いてくれ

て、

そうだ、この人は暖かい人だったんだと思い、オーナーにビクビクしていた私が、情けなくなりました。

 

言葉の選び方も、気をつけなよ、女社会怖いからとも言われました。

 

考えすぎるというか、まあそれも病気のせいなのだろうとも言ってくれました。

 

勘違いされやすいとも、ズバッと指摘されました。本当にそうです。

 

最終判断を母親に求めたり、母親が出てきたりするから、良い方向に働けばそれでいいのだけど、窮屈に感じたり、よくない方向にいくのはしんどいからね、みたいなことを言っていました。

 

浅田真央ちゃんや、福原愛ちゃんみたいに良い方向に働けばいいのだけどと。

 

高校で一番印象的に残っているのは、高校入学して一年生の担任に、

「貴方の最大の壁は母親ね」

と断言されたのが、衝撃でした。

 

何かしら障害になるのは、母親です。一元論で共依存とよく括り付けられます。まあ、そうとも言えるでしょう。

 

母親は、ひとみが病気でなければほっといているけど、ひとみが病気だからとほっとけなくてと言い、結果過保護になっています。

 

その過保護が病気を悪くしているので、実家を出ようと思います。

 

徳島市内。他メーカーで女社会だから、本当に人間関係には気をつけないと。心理学とか習ったら?とカフェのオーナーに言われました。実際、営業の方もどう引き寄せるか心理学を習っているそうで。

 

31にもなって、母親がどうたらこうたらと言っているのは恥ずかしいのですが、社会人スキルもまだまだだからチャレンジしないと。

 

ちなみに恋のほうは、全然です。昨日も食事に誘ったメールが、返事返ってきませんでした笑

 

まあ、のんびりいきます。

 

婚約破棄をしてわかったのは、焦らなくてもいいということです。のびのびと生きていきます。子供作らなきゃとか結婚しなきゃとかの社会的圧力に屈しません。

 

縁があれば、結婚するのでしょう。恋愛面に関してはのんびりいきます。

 

結果オーライです。

広告を非表示にする