胸の鏡よ 心濁すな

日記のように綴るブログ

男で空いた穴

ここ最近、誰にも会いたくなかった。

無理に会ってしまうと、しんどくなる。

生きるのに飽きてきて、気分がのらなくて、坂口恭平に電話した。いのちの電話だ。

「話していて、死にたいわけではなさそうだから、なんでも話せる同性の友達を作ったほうがいいよ。

あと、婚約破棄したなら、2年ぐらい恋人作らなかったら?」と言われた。

「死にたいわけではないのに、ここに電話するってことは、話せる友達がいないからでしょ?

多分美人なんだろうなあ。悪い男引き寄せてしまうんだろうなあ。自分から行かないタイプで、いつも向こうから来るでしょ?」

などなど、電話だけで、ズバズバ言い当てられた。

なんでも話せる友達はいたんですが、鬱病になったり、リストカットしてる友達だったりと言ったら、

「健やかな人が良いよ。」

とアドバイスをくれた。表層的な友達はいっぱい作れるけど、なんでも話せる友達は今身近にいない。

2人とも遠くにいるし、なかなか電話もできない。そして2人とも病んでいる。

統合失調症になって、自分のことを悪く言う幻聴が聞こえだしてから、本音でズバズバ喋れなくなった。なんでも話せてたサークルの友達に、何か遠慮するようになったねと言われた。

みんな私のこと嫌いなんじゃないかな、病気とバレないようにと、暗い自分を隠していた。

そんな弱音を吐けるのが、元パートナーで、よく遊んでくれたのも、元パートナーだった。

坂口恭平に、その元パートナーの元奥さんも、結婚して多重人格になって、そして、私の前に付き合ってた人も孤独な女性だったみたいでと言ったら、

「彼、そういう人が好きなんだと思うよ。彼も自殺願望あるでしょ」と言い当てていた。

大学の阿波踊りサークルで、いっぱい元気な友達が出来てから、調子がよくなった。

実家に引き戻されて孤独になったら、統合失調症になった。

そして、世界中のみんなに嫌われているという幻聴が聞こえて、家族に殺されるという幻聴も聞こえて、誰も信じられなくなった。

それから遠慮するようになった。

最近は、京都に帰ろうかと思うことがある。都会の方が楽だと感じたからだ。
週一岡山に行けてるだけでも、気晴らしになる。

誰も私のことを知らないところへ行きたいと思う。

メイクの資格を取ったら、都会へ出てしまおうかとも思う。

実家の閉鎖的な家が苦しい。料理も作ってくれるし、楽だけど、何か居心地悪い。

しがらみがない、自由なところへ行きたいのだ。

こっちにいると元パートナーを思い出してしまって辛い。

次の恋愛に無理やりいくより、冷却期間を置きたいのだ。

メイクを一所懸命頑張りたい。

無理やり男で空いた穴を、そんなに好きでもない男で埋めたくない。男で空いた穴は、仕事のやりがいで埋めたい。

私は、仕事を頑張りたいのだ。
広告を非表示にする