読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

胸の鏡よ 心濁すな

日記のように綴るブログ

掃き溜め

最近は、本当に日記の様になっていて、掃き溜めブログしかない。

吐くって感じで書いている。

読者の人には、申し訳ない。

もっと、記事みたいに、タメになるブログを書こうとするけど、最近は内に篭っているというか、内向的というか、自分と向き合うとも言えるかもしれない。

だから、日記みたいになっている。

ミクシィの頃は、日記を見ているようで楽しいと友達が言ってたので、赤裸々に綴るようにしている。

表現とは、服を着る好意ではなく、脱ぐ行為だと思うのだ。どんどん裸になっていく。

役者さんでも、役を着ている人と、脱いで素を出してる役者さんもいる。たとえば松田優作みたいな。

色々嫌な事があると、吐くようにここに書いている。

そうしたら、こんがらがった思考が解けていく。

昨日は、婚約破棄をしたら私に、婚活行きないと、カフェのオーナーに言われ、乗り気じゃないけど婚活パーティにいった。

連絡先交換で、私にくれた人は誰もいなかった。自分で言うのもなんだけど、個性派の私はそういう場ではモテない。普通のパーティで喋って、連絡先交換したほうが楽だと思った。

そして、今日は出張エステ。出張エステの場所を貸してくれるオーナーに、まだマッサージが未熟だから、勉強中って書いて発表していい?と言われた。今週レセプションで、私のマッサージも紹介してくれることになるそうだ。そしてチラシを作ってくれている。

まだ未熟だから勉強中と書く。店のイメージダウンにならないためだろう。でも、技術が向上したら、認めてくれるかな。

私は、居場所を作ろうとしている。仕事で信頼されるように。「一所懸命」だ。
「一所懸命」は、一つの場所を武士が命がけで守ったことから、生まれた言葉。

私はまだ、仕事面での信頼が低い。

ちゃんと自分の足で立ちたいのだ。
広告を非表示にする