胸の鏡よ 心濁すな

日記のように綴るブログ

只々

只々、私は生きるしかない。

生きることに飽きつつも、私は前を進む。

自分が思っているほど、自分は幸でも不幸でもない。大事なのは生きることに飽きないことだそうだ。

大好きな言葉。私は不幸のどん底とも思ってもない。かといって、幸福とも感じていない。只、私はラッキーだと思う。家庭的にも、経済的にも。

只、ちょっと生きるのに飽きてきてるというか、虚無感が近づいてるだけ。

でも、生きるしかない。私は死にたくはない。

この精神障害者だからこそ感じる、社会の不条理さに、虚しさを感じるだけ。

なんでなんにもないように、みんな振舞っているんだよ!

敬愛する、大島渚が亡くなったとき、クローズアップ現代で、大島渚の息子がそう大島渚が感じていたということを述べていた。

社会のせいにするな!という一元論ももっともだけど、社会の不条理さを指摘する人がいない。怒る人がいない。そんなこといったら、社会のせいにするな!と言われるからだ。

自己責任の時代。

変な国だ。奇妙な国だ。見て見ぬふり。知らん顔。誰も助けてくれない。自分を救うのは自分しかいない。

元パートナーが言った言葉も、一理ある。

でも、私はキチガイ。差別される統合失調症患者。
誰かのサポートが必要な立場。人は一人では生きていけないから、援助が必要。

人は一人では生きていけないのに。弱いところ見せて甘えてもいいのに。それをしなかったパートナー。

強がりの弱い人。

シンデレラみたいに、王子様が救ってくれるとは思わないけど、助け合いながら、お互い上がっていく関係になれるパートナーができれば。

とりあえず前に進んで、仕事頑張るしかない。

そしたら、出会えると思うから。
広告を非表示にする