読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

胸の鏡よ 心濁すな

日記のように綴るブログ

無力

最近、無力感でいっぱいだ。

元パートナーの深い闇を照らすことができなかった。

自殺願望を持っている彼を救うのは、タップダンスしかないと。

私は彼と付き合うことで、死が遠くなった。

でも、彼はそうはならなかった。

最初見た時に、私のこと病気だと見抜いたそうだ。幻覚が見えてるように感じたと。

そして私の母親との関係に、母親に支配されていて、可哀想だと。

可哀想だと思って付き合ったと。

前の奥さんが、多重人格になってしまって、今は統合しているけど、そうなったのは、相手を救うという姿勢が良くなかったんじゃないかと、元奥さんとそういう結論に至ったらしい。

君の自立を妨げる。同じことの繰り返しだと言ってたのが、印象的だ。

自立しなくてもいいやんという、人もいる。

自立。

統合失調症の私が、自立出来るのかという自問自答がある。

統合失調症で、自立出来るのは3割ぐらいと精神科医の人が言っていた。

東京に転職しようと思ったけど、今は東京より、地方の方が可能性を感じたので、地元を選んだ。
地域に関わるボランティアの仕事も楽しいし。

東京に行くって決めたら、本当に仲の良い子がいないと寂しいよと、大学の恩師が言っていた。
仕事と家の往復で、しんどかったと言う人もいる。
イケダハヤトのまだ、東京で消耗しているの?というタイトルも印象的だ。

地方の方が可能性がある。やりたいことがいっぱいある私にとっては、地方の方がいいのかもしれない。

時々東京行くぐらいでいいのだろう。phaさんの、持たない幸福論で、時々都会、時々田舎と2拠点に置いて生きているのは、とても良いことだ。都会にも、メリットとデメリットがあるし、田舎にもメリット、デメリットがある。

今、学生時代の関係抜きにして、地方や地域に関わるコミュニティーにどっぷり関わって、このコミュニティーを抜けるのは辛いなと思った。

着物だけでなく、私にはいっぱいやりたいことがあって、色んな可能性があること。
やりたいことがいっぱいできるのは、地方の方が向いているということ。

それは、クリアなビジョンとしてある。

ちなみに、本屋で向田麻衣さんの美しい瞬間を生きるを注文した。
向田麻衣さんに、手紙を書こうと思う。

返事貰えるかは分からないけど、素直に感動したメイクでの支援と、それに影響を受けてこうしたい自分を手紙に書いて送ろうと思う。
広告を非表示にする