読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

胸の鏡よ 心濁すな

日記のように綴るブログ

本当に大事なこと

どうしようもないくらいに、彼が好きだ。

朝起きると、もうパートナーはいないんだと、胸がぽっかり。

着物よりも、大事な夢を見つけた。強固になった。

朝一緒にコーヒーをのんで、
夜は彼に料理を作って一緒に食べる。

それをずっと続けること。

一緒にコーヒー飲んだり、ご飯食べるのが、凄く幸せだった。これがずっと続くなら、これ以上の幸せなんてない。
結婚式や、指輪とかどうでもいい。

ただ側にいて、彼の力になれたら。

家庭崩壊だったから、大切な人に料理作って一緒に食べるのがこんなに楽しいとは思わなかった。

高校の時は、家族と食べるのが嫌だった。
今は大切な人と食べるのが、どれだけ美味しいか、幸せか。

その幸せを続けるのが私の夢。

もう一回全てリセットして、誠実な気持ちを伝えよう。

自立した同士が付き合えたらそれはそれで、理想的な恋愛だけど、お互い私たちは真っ直ぐだからこそ不器用。
足りないところ補えると思う。

結婚しても、着物の草履とか作って着物屋さんに置いてもらうのはありだし、

京都弾丸で行ったけど、泊まらしてくれた子のスキンチェックとかアドバイス出来たし、私もキャリアを積んだんだなーと再確認した。

メイクもちゃんと習って、メイクセラピーもしたい。誤魔化してない。私は私のやりたいことをやる。

着物も美に関わる仕事だから、繋がる。

彼の働く貸別荘で、エステしたら凄く儲かるよと、人生経験豊富なニューハーフのタロット占いもする、バーのママにも言われた。

彼の側で、自立する。夢をあきらめるというよりも、私には色んな可能性があるということ。ひとつに絞らず、好きな人の近くで、色んなしたいことすればいいのではと思いました。

木曜日、彼と真剣に誠実に向き合いたいと思います。
広告を非表示にする