読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

胸の鏡よ 心濁すな

日記のように綴るブログ

ごみの山

先ほど大学の恩師と電話をした。

最近私は、メディアに疲れていると。

大学一回生の時に、メディアリテラシーを散々習ったのだけど、

それが良く分からなくなってきていると。

「斜め視点から見ろ」と散々教わった。

でも、昨今それだけじゃ通用しないのではないのかと。

そして、恩師が(今のメディアは)「ごみの山だからなー」とおっしゃった。

SNSがこれだけ沢山あって、誰でも情報を発信できるようになった。

知識人ではなく、一般人でも。

テレビも新聞も本も全体的に質が落ちている。

テレビが言っていたから、本に書いてるからと、鵜呑みにする両親。

凄く危険に感じる。

Facebookの煽り記事も母親は鵜呑みにしている。

 メディアリテラシーという言葉も知らない世代。同世代だって知らない人は多いだろう。

健康オタクな日本は、健康で長生きが好きである。水は一日2リットル飲むのが良いと、テレビで言ってたのを鵜呑みにしてとあるおばあちゃんが死んだ。

一日一食が良いと言って、体調を崩す年配の人もいる。

そして、それでぼろ儲けしている嫌な医者も沢山いる。

 内海聡もその一人だろう。

なんだかなあである。姉はその人その人に合う、合わないがあるからと言ってたが、

その情報を安易に流して、悪影響を与えるのはどうなんだろう?

政治だって、ウヨク、サヨク二元論に囚われてる人が多いが、今はそんな簡単な時代ではない。

メディア自体が、凄く複雑になって、見極めるのが難しい。

斜め視点だけでは、見極めるのが難しい。

 

何もかもが疲れて、社会が嫌な方へ行っているのを、メディアを見るたびに感じるので、メディアを閉じ、自然と芸術を見て、少しでも美しいものを見ようとしている。

逃げているかもしれないが、つまらない時代になったものである。

綺麗なものが見たい。

広告を非表示にする