読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

胸の鏡よ 心濁すな

日記のように綴るブログ

内海聡と坂口恭平〜薬との付き合い方〜

私は統合失調症だ。ずっと自律神経失調症で、体調が良くなり、少しずつ薬を減らしていって、精神科医の先生に薬をもう飲まなくても良いですよと断薬したら、幻聴幻覚が表れ、発狂し、現実と非現実の境が分からなくなり、無理やり精神病院に連れてかれた。
本当に、自分は異常なんだというのが自覚出来なくて、誰かに操られてる、家族に殺されるという幻覚に襲われ、自分の尿を飲んだり、救急車に乗せて!精神科じゃなくて、内科に連れてって!と叫んで、危うく自殺しかけた。それぐらいギリギリのところで、精神病院に連れていかれたのだ。
断薬して、統合失調症になった。今思えば断薬しなければ、統合失調症にならなかったのかもしれない。

先月、内海聡の講演会に行ってみた。漢方で精神疾患を治すというのをちょっと聞いて、興味があり、何かのヒントになればいいかなと、行ってみた。
でも話の内容は平面的で、大袈裟に拡大解釈して、陰謀論を唱えてるように感じた。なんだかなーと、過激な事を言って、商売にしてる人のように感じた。

その後の懇親会で内海先生に、統合失調症は漢方で治りますか?と聞いたら、僕の本を読んでない!病気なんて元々ないのだから、そんなのでは幸せになれない!と怒鳴られた。
ますます人間性に疑問を持った。

大学の有名な京大の教授でも、自分の本を読んでない人に、質問を投げかけられても、怒りはしない。寧ろ疑問を持って質問をする方が、良い風に捉えられた。
内海先生も器の広い人かなと、そんな感じで気軽に質問したのに、自分の本を読んでないということで、ダメだしするのは器の狭さを感じた。

その講演会を企画した人に、内海先生の精神科は今日も、やりたい放題を借りた。

一部の精神科医が薬漬けにして儲けてることも知ってるので、読んでみたが、なんでこの特殊な例を取り上げて、大々的に広げて解釈するの?!とビックリした。全体的に、奥行きのある本ではなかった。平面的に感じられた。

特に、この例。キャバクラ嬢になりたいからと、どんちゃん騒ぎをして、精神科医に連れてかれたという、特殊な例を取り上げた。
なんでこの例を取り上げるのだろう?それはかなり特殊な例だ。それは確かに精神疾患ではない。少数な例だ。

あと鬱病はわがまま病と言ったり、奥行きのない言説だ。

確かに精神薬の副作用で、苦しんだり、薬漬けで儲けてる精神科医もいるから、内海先生は一理あるとこもある。でもそれが厄介だ。

安易に、この本を読んで断薬し、殺人事件にもなった事がある。淡路島の事件だ。私も断薬すれば、自殺するか、他殺するかになるだろう。でもそれは治ってる途中だからと言う人もいる。

最近坂口恭平が、クローブで色々人体実験をしてるので、死にたい訳ではないが、上手く病気に付き合っている坂口恭平に内海先生の言説を聞いてみた。あと薬の付き合い方も。

鬱病はわがまま病って言ってる人がいて。と言ったら、そんなの気にしなくて良いよ。今僕がやってるクローブは人体実験だから、あまりお勧めはしないけど。と言っていた。
精神科医も分かってないから、鍼とかはしてる。
とも。

死が近づいてる時に、坂口恭平いのちの電話をしたのだが、その時は躁状態で、ガーッと話してた。この間までは幻聴や幻覚が聞こえてたのに、クローブで今は薬を飲まず、声も最初話した時より落ち着いていた。
精神科医や鍼で色々試してるみたいだ。

坂口恭平は、躁鬱病は知的な病だと言った。
そして坂口恭平の携帯番号を公開して、死にたくなったらここへと、いのちの電話を開設している。

それを長年やってきて、原因は家族にあると言っていた。そして今、家族の哲学という本を執筆中だ。

家族の問題というのは鋭い。私も家族という檻に入れられて、家族内いじめにあって、逃げるように京都の大学へ進学した。心が休まらない家庭だった。
ある、坂口恭平いのちの電話にかけた人は、父親に家庭内暴力をうけ、逃げられない檻という家族に入れられ、坂口恭平は逃げろと電話で言ったが、それしか言う方法はなく、本場のいのちの電話、どうにかしてくれとも言っていた。

家庭という檻に入れられて、精神を病む人は多い。内海先生はそれを知っているのだろうか。本当に重度の精神疾患の患者に向き合ったことがあるのだろうか。サウナや太極拳やヨガで治る軽度の患者さんなら良いが、そうでない人は、精神病院に入院した時、沢山いた。

この二人が対談したらどうなるか。多分坂口恭平は内海先生のことを相手にしないだろうが、坂口恭平と対面することによって、内海先生のアラが浮き上がってくると思う。

まだまだ未解明な精神疾患。薬や病気とどう付き合うか、これから色々本が出てくるだろう。

ただ、断薬し良くなった成功例もあるから、それを見た方が良いと、内海先生の講演会を企画した人が言ったが、そればっかりを見て、殺人事件や自殺をした人の例を見ないのは、恐ろしい。成功例が沢山上がったら、それこそ信頼できるのだが。

断薬するのは、まだリスクが高い。リスクが少なく、断薬して精神疾患が治れば良いのだか。